Advertisement

Wednesday, 6 August 2014

フランス・マントン: レモンと芸術の街・マントン(Menton)

レモンの街として有名なマントン(Menton)について紹介.
コートダジュールの強い日差しを利用したレモンの栽培が盛んな街.毎年2月には「レモン祭り」が開催されます.また,マントンはジャン・コクトーが愛した街としても有名.マントンには二つのジャン・コクトー美術館があります.




マントンには街中にレモンの木が植えられています.そして写真のようなレモンで作ったドリンクお酒タルトなどがたくさん売られており,街がレモンの香りに包まれています.レモン製品の中で特に有名なのが「レモン・チェッロ」です.とてもアルコール度数の強いレモンリキュールです.強いですが,どこか爽やか.是非試してみてください.
さらに,この綺麗な街並と海,太陽を愛したジャン・コクトーが彼の多くの作品の中でマントンを描いています.そしてそれらが展示されたジャン・コクトー美術館が海沿いに建っています.とても印象的な作品ばかりなので,ジャン・コクトーにそれほど詳しくない人でも楽しめると思います.

レモン製品を扱うお店.
ここではレモン・チェッロを試飲することができました.お酒以外にもタルトやお菓子も売っているので,お土産を探すのによいと思います.メイン通りにあるお店です.

綺麗な空,海.
コートダジュールの代表的な街です.ちなみにマントンはイタリアとフランスの国境に面しています.少し行けばイタリアです.

ジャン・コクトー美術館.
作品もさることながら,建物も素敵ですね.海沿いを歩いていれば見つけることができます.

美術館の中.
内装も素敵です.この美術館を見れば,ジャン・コクトーがどれほどマントンのことを
愛していたかがわかります.ほとんどの作品に太陽と海が描かれていました.

街の中を少し入ると旧市街へ行くことができます.メイン通りとはまた少し違う雰囲気です.

黄色,オレンジの建物がとても絵になります.ちなみに写真に写っている建物はアトリエです.

壁掛け用の花瓶や陶器が売っていました.陶器は鮮やかな南仏カラー.こういったものをお土産にするのもいいですね.

旧市街の丘を登ると海を見下ろすことができます.写真は天気の悪いときに撮影したのでやや薄暗いですが,晴れた日にはエメラルドグリーンの海を見ることができます.

ニースから電車(SNCF)一本でアクセスすることができます.

【スポンサーサイト】

No comments:

Post a comment